30代からのイギリス語学留学の魅力!おすすめの学校やメリットとは?

30代イギリス留学 30代

30代になってから語学留学に行くことに不安を抱える人は多いでしょう。
社会人として10年近く築いてきたキャリアを一度止めて、海外に行くわけですから慎重になりますよね。

「留学はしてみたいけれど、将来の不安もある」そんな30代におすすめなのが、イギリス語学留学です。

イギリス語学留学では、本場の“ブリティッシュイングリッシュ”だけではなく、新しい価値観やグローバルな視点など、帰国後のキャリアに役立つスキルを身に付けることができます。

30代だからこそ挑戦するべきイギリス語学留学のポイントやおすすめの学校などを詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

30代からのイギリス語学留学のメリットとデメリット

ロンドン留学

30代からでも語学留学することは遅くありません。
そこで、30代からイギリス留学する3つのメリットをご紹介します。

社会人経験を元に、国際感覚や新たな価値観を養える

イギリスでの留学では、世界中から集まった多国籍な人と出会えます。

イギリス留学のメリットは、アメリカやカナダなどに比べると日本人の数が少なく、ヨーロッパ圏やアフリカなどの国から集まる国際色豊かな人たちと出会えることです。社会人経験のある30代は、日本の常識や通例といったものが染みついています。

そして、そういった日本社会の常識と世界の感覚を客観的に分析し、両方のメリットとデメリットを見分ける判断力も持っています。

単純に日本と世界の価値観、どちらが正解か、不正解かという問題ではなく、さまざまな感覚を養うといった点でも、30代を過ぎてからのイギリス留学で得るものは多いです。

留学の目的や方向性が明確なので、充実した留学生活を送れる

30代でイギリス語学留学を決意した人の多くが「仕事上で英語力を身に付ける必要がある」「キャリアチェンジのために英語力や国際的なスキルを身に付けたい」といった、かなり明確な目標を持っているはずです。

「なんとなくイギリスに憧れていて、行ってみたいから」といった“なんとなく”の理由で留学する30代は多くはないでしょう。

留学の目的や方向性が明確であるということは、留学のモチベーションを保つうえで欠かせないものです。

そして、ゴールがはっきりしているので、留学生活全てに目的意識があり、より充実したものにすることができます。

大人流の楽しみ方でイギリス生活を満喫できる

30代を過ぎてからの留学では、社会で働いて稼いできた期間があるため、金銭的に余裕があります。10代や20代ではできないようなイギリスの楽しみ方ができるのも、30代からの留学のメリットです。

イギリスの歴史的な建造物や史跡を巡ったり、現地で話題のレストランや観光スポットを思い切り味わったりと、語学学校以外の環境でもイギリスの生活や文化を味わえます。

また、フランスやドイツといったヨーロッパ諸国への観光も気軽にできるため、イギリス以外の国も楽しむことができます。

イギリス留学で注意するべき2つのデメリット

人や地域によって英語に訛りがあり、コミュニケーションが難しい場合がある

イギリスはスコットランド・イングランド・ウェールズ・北アイルランドの4つの地域から成り立つ連合国です。

公用語は英語ですが、それぞれの地域ごとに異なる言語を持っており、それらも英語と同じように公用語として使われています。

そのため、イギリス国内で旅行に出掛けると、英語のはずなのに訛りが強すぎてコミュニケーションが難しいといったケースもよくあります。

ちなみに、日本人が耳馴染んでいるいわゆる“ブリティッシュイングリッシュ”は、イングランドの人たちが話す言葉です。しっかり勉強しても、留学生が理解するのは難しいでしょう。

都市部は滞在費が高くなりやすい

イギリスで人気の都市と言えばロンドンですよね。実は、ロンドンの家賃の高さは世界的にも見ても非常に高いことで有名です。

もし、ロンドンで一人暮らしを考えているのであれば、最低でも月に10万円以上かかると言われています。また、土地代が高いため自ずと外食費も高くなり、生活費はイギリスの他の都市と比べると高い傾向にあります。

費用を抑えたい場合は、ホームステイやシェアハウスといった別の滞在方法を選択したり、なるべく自炊を心掛けたりする必要があります。

30代からのイギリス語学留学のポイント

30代ポイント

30代から語学留学をするのであれば、しっかりと準備をして、実りあるものにしたいですよね。今回は、イギリス語学留学のポイントを紹介します。

まだ31歳になっていなければ“ワーキングホリデー”という選択肢もある!

イギリスのワーキングホリデービザは、正式にはTier5 Youth Mobility Scheme(YMS)と言います。(ここではYMSと表記します)YMSは18~30歳の人が申し込めます。そのため、申請時の段階でまだ30歳であれば、渡航時に31歳になっていたとしてもYMSでイギリスに渡航することが可能です。

そして、YMSの最大の魅力は、多くのワーホリ協定国が滞在期間を1年間、就学できる期間にも制限を設けているのに対し、2年間滞在が可能で、さらに就学や就労の制限がないことです。

そのため、イギリスのワーホリ人気は高く、毎年多くの人が申請します。

しかし、残念ながらYMSの人数制限は他のワーホリ協定国と比べると少なく、年間1,000人と決められています。申請そのものは難しくありませんが、かなり狭き門になるでしょう。

語学力プラスαのスキルを取得できる専門学校で学ぶ

イギリスでは、専門学校は「ファーザー・エジュケーション・カレッジ」(Further Education College)と言い、高校を卒業した学生だけではなく、一旦社会に出た大人がキャリアチェンジやスキルアップを目的に通うこともよくあります。

アロマテラピーやフラワーアレンジメントといったイギリス発祥のスキルから、美容や演劇といった幅広いジャンルを学ぶことができ、国際的に通用する資格を取得できます。

イギリスの専門学校や公立カレッジに入学するためには、一般的にIELTS4.0以上のスコアが求められるため、まず語学学校に通ってから専門学校に入学するという方法もあります。

専門学校のコース期間は、短期間で受講できる数週間のコースから、数年かかる長期間のものまでさまざまです。

ビジネス英語に力を入れている語学学校を選ぶ

30代の多くが学びたい英語と言えば、やはりビジネス英語ではないでしょうか。

イギリスにはビジネス英語に力を入れている語学学校がいくつもあります。講師には、実際にビジネスシーンでの実績がある人が多くいるので、実体験に基づく生きたビジネス英語を学べます。

また、世界各国から集まる同年代の社会人経験者と、それぞれの国のビジネスに関する情報交換も行えます。

ビジネス英語コースでは、プレゼンテーションやディスカッションといった実際のビジネスシーンを想定した授業が行われるため身に付きやすく、帰国後のビジネスシーンですぐに活かすことができます。

スポンサーリンク

30代からの語学留学におすすめの学校

30代からイギリス留学するならおすすめの語学学校をご紹介します。

ECロンドン校 30プラスコース

ECロンドン校30プラスコースは、30歳以上の学生のみを対象にしており、一般コースとは利用するクラスもフロアも完璧に分けられています。

そのため、大人の落ち着いた雰囲気の中で勉強することができます。このコースでは、一般英語コースの他にビジネス英語やロンドン市内を散策しながら英語を学べる“English in City”というコースがあります。

週10レッスンのビジネス英語では、ビジネスシーンに必要な英語表現や語彙などを学べます。一方のEnglish in Cityでは、ロンドンの歴史や文化を英語で学びながら、実際にテーマとなる場所を訪ねます。イギリスの歴史や文化に興味のある大人の方にとって、興味深く学べるコースになるでしょう。

KAPLAN Leicester Square(カプラン レスタースクエア)

KAPLAN(カプラン)はイギリスの9都市に11校ものキャンパスを構え、アメリカやオーストラリアといった主要英語圏の都市にも複数のキャンパスを持つ大規模な語学学校です。

その中でも、このKAPLAN Leicester Square(カプラン レスタースクエア)は30歳以上の大人の留学生を対象としたキャンパスです。

一般英語からビジネス英語、IELTSやケンブリッジ検定といった試験対策コースも充実しており、落ち着いた雰囲気で質の高い教育を受けることができます。

ゲストスピーカーを呼んだセミナーが定期的に開催されたり、オンライン学習にも力をいれていたりと充実したプログラムを提供しています。ロンドンの中心地にあるので、アクセスが便利なこともポイントです。

Bloomsbury International(ブルームズベリー・インターナショナル)

Bloomsbury International(ブルームズベリー・インターナショナル)のメリットは、大英博物館やロンドンの人気の観光スポットが徒歩圏内にあり、放課後でも気軽にロンドン市内を楽しめることです。

この学校はコミュニケーションスキル向上に力を入れており、平均12人という少人数のグループの中で一人一人が発言できる機会を持てるようにしています。

ビジネス英語コースでは、同僚の前でのプレゼンテーションや、クライアントとのネゴシエーション(交渉)などを想定し、授業内で実際に行います。

そういった経験を積み重ね、ビジネスシーンで自信を持って流ちょうに話せるようになることを目指します。最短で1週間から受講が可能なので、忙しい社会人の短期留学に最適です。

留学にかかる費用

イギリスは都市ごとで留学にかかる費用が異なります。今回は、イギリスの中でも多くの語学学校が集まるロンドンに、1ケ月渡航した場合を例に紹介します。

  • 授業料:約15~20万円
    ※受講するコースやレッスン数によって異なります
  • 航空券:約10~25万円(往復)
  • 滞在費:約5~12万円 ※滞在方法によって滞在費は大きく変わります。シェアハウスの方が安く、一人暮らしをしようとするとかなり費用がかかります。
  • 生活費:約2~5万円
  • 海外旅行保険:約5~25万円 ※保険会社やプランによって異なります

今回紹介した金額はあくまでも目安で、実際はビザの申請費や交通費や娯楽費などが加わるため、1ケ月のロンドン語学留学にかかる費用は約40万円前後です。

30代イギリス留学まとめ

30代からのイギリス語学留学は、自分次第でいくらでも可能性を広げることができます。

むしろ、30代だからこそ得られるものや経験があります。10代や20代では得られない視点で海外と日本の違いを見ることができたり、その後のキャリアにつながるきっかけを見つけたり、得られるものは大きいです。

これからの社会に求められる人材は、英語力と日本人の常識に捉われないグローバルな感覚を持っている人です。

30代。キャリアチェンジやスキルアップ、海外でのちょっとしたリフレッシュでもそれぞれの目的をしっかり持っていれば、まだまだ成長し続けられます。ぜひ、そのきっかけをイギリスで掴んでみませんか。

タイトルとURLをコピーしました