費用を抑えるセブ留学!今話題のセブ島で英語を学ぼう

セブ島 フィリピン

最近では欧米よりも費用を抑えて留学できる国として東南アジア諸国が注目されていますね。
その中でも特にフィリピンのセブ島は『フィリピン留学の聖地』としての人気も高く、多くの留学生が訪れています。

フィリピン留学に関してはこちら:日本から最も近い英語留学ができる国フィリピン!特徴やメリットとデメリットを紹介

「アジア圏の留学で本当に英語力は高められるの?」「費用が安い分、授業の充実度が心配」など気になることがある人も多いのではないでしょうか。日本から距離も近く、時差も少ないセブ島。

今回はセブ留学のメリットやデメリット、おすすめの語学学校などを紹介します。

スポンサーリンク

セブの特徴

セブ島

セブ島はフィリピン第二の都市で、島国ならではのビーチでのマリンアクティビティが盛んです。

一年を通して平均気温が27~30℃程度と常夏の気候のため、日本人だけではなく世界中から集まる多くの観光客で賑わいます。

セブ島には雨季と乾季があります。乾季は12~5月頃でこの時期が一年の中で最も暑くなります。

雨季は6~11月頃ですが、日本の梅雨とは異なり、スコールのような短期間に一気に降る雨なので嫌な湿気はなく、雨の後はからっとしています。

セブ島のあるフィリンピンの公用語は英語で、街中では英語でのコミュニケーションが可能ですが、母国語は現地の言語であるタガログ語(フィリピン語)を使っています。

セブ留学のメリットとデメリット

3つのメリット
フィリピンのセブは今や大人気の留学先となっています。
最近では、インスタグラムやフェイスブックなどセブ留学に行ってきたという投稿が数多く挙げられているようです。
なぜ皆英語を学びにセブ島留学するのか気になりますよね。

そこで、セブ留学が選ばれる3つのメリットをご紹介ます。また逆にデメリットも解説。
これからセブ島留学をお考えならば、ぜひ参考にしてください。

欧米への留学と比較すると圧倒的に費用を抑えて留学できる

セブ留学の最大の魅力は、アメリカやイギリス、カナダといった欧米への留学費用と比べて圧倒的に安いことです。セブ島は物価や日本からの航空券、人件費といったものが日本や欧米諸国に比べてかなり安いです。例えば留学先として人気の高いカナダに1ケ月語学留学した場合、授業料と生活費、航空券など諸々を合わせると約45万円近くなります。

一方でセブ島に同じ条件で留学した場合、カナダに行く約半額25万円前後に抑えることができます。しかも、カナダをはじめ、欧米諸国の多くの語学学校が10~20人のグループレッスンであるのに対して、セブではマンツーマンレッスンが主体です。滞在先もセブ留学の場合、まるでリゾートホテルのような宿泊施設が整備されており、宿泊費があらかじめコース料金に含まれているところも多いです。

費用を抑えてさらにリゾート気分も味わえるのは大きな魅力ではないでしょうか。

フィリピンにある語学学校の半数以上がセブにあるので選択肢が豊富

セブ島は『フィリピン留学の聖地』ともいわれるぐらい数多くの語学学校が集まっています。
その数はなんと100校以上で、それぞれの学校が留学の目的に合わせた多種多様なプランを提供していることもメリットのひとつです。

そのため選択肢は豊富で、自分を追い込んできっちりとした規律の中で集中して英語を学びたい人から、リゾートを満喫するバカンス目的でゆるく英語を学びたい人までそれぞれの要望に応えられる学校があるのも、セブ留学ならではの魅力ではないでしょうか。

格安でマンツーマンレッスンを受けられる

マンツーマンレッスンとは、文字通り先生と学生が一対一で行う授業スタイルのことです。

アメリカやイギリスなど欧米の語学学校でもマンツーマンレッスンを行っているところがありますが、人件費が高いことや設備などの関係上から、できるのは限られた希望者のみというところがほとんどです。

また、留学中の一日の流れは日本ではなかなかできない文字通り朝から晩まで英語漬けというプランが多いです。そのうちのほとんどの時間がマンツーマンレッスンになるので、密度の濃い英語学習ができる環境があります。

2つのデメリット

ネイティブイングリッシュを学ぶことが難しい

セブ島のあるフィリンピンの公用語は英語ですが、母国語はタガログ語というフィリンピンの言語です。英語は使われていますが、
ネイティブイングリッシュではありません。ネイティブスピーカーがよく使うスラングのような表現を日常生活で耳にすることはありません。
また、語学学校以外の街中や商業施設などで聞こえてくる英語の多くがフィリピン訛りのため、
すでにアメリカ英語やイギリス英語などに慣れている人にとっては違和感を持つことがあるでしょう。

リゾート地の誘惑が多い

セブ島はマリンアクティビティが充実した素晴らしいリゾート地です。

ホワイトサンドビーチと美しい海が目の前にある環境で勉強することは、解放感やリラックス作用に効果があるとも言えます。
しかし、一方でそういった誘惑に負けて英語を学びに来たはずがリゾートを満喫するだけで留学期間が終わってしまったということもありえるのがセブのデメリットでもあります。自分の中でスイッチのオンとオフをしっかり分けて過ごせれば、まさに最高のロケーションです。そのため、目的を見失わないようにすることが大切です。

 

セブのおすすめの語学学校

セブの語学学校を紹介する前に、基本的なフィリピンの語学学校の特徴を知る必要があります。まず、フィリンピンの語学学校には「セミスパルタ」と「スパルタ」という二つの運営スタイルがあります。それぞれの特徴を比較してみましょう。

セミスパルタ

セミスパルタは、留学生それぞれの個性や特性を尊重し、本人の希望や目標に合わせて学習を進めていくことを大切にしています。フィリピンにある約7~8割の語学学校がこのセミスパルタスタイルです。特に日系資本の語学学校に関しては100%がセミスパルタ校です。セミスパルタ校は留学生の自由度を補償しているため、校則や門限といった規則がゆるく、好きな分野を集中して学べるようになっています。また、マンツーマンの授業数が多く、一日最高で7~9時間マンツーマン授業を行うプログラムもあります。

スパルタ

スパルタはその名前の通り、校内のルールがきっちりと定められており、留学生はそれを守ることが義務付けられます。スパルタ校の数は少ないですが、経験豊富で指導レベルの評価が高い名門校が多いという特徴があります。また、セミスパルタのようにポイントを絞って英語を学ぶのではなく、全ての技能をバランスよく学ぶことができます。そのため、授業の密度は濃く試験対策に特化しているというメリットもあります。また、スパルタ校に集まる留学生は厳しい環境で英語を学ぶ覚悟を決めているので、真面目な学習環境があります。

セミスパルタもスパルタのどちらが合うかは、それぞれの個性や向き不向きなどによって変わります。セミスパルタの方が一般的に日本人留学生になじみやすいかもしれませんが、一方で自己管理ができないと英語を学ぶよりも遊びがメインになりかねません。どちらが自分に合うか、また留学の目的を果たせるかなどを踏まえて語学学校を選ぶのをおすすめします。

QQ English ITパーク校

QQ English ITパーク校はセブ島の中でも外資企業が集まるセブシティ・ITパーク内にあります。この学校ではそれぞれのレベルや授業数に応じてさまざまなプランを選べます。そこからさらにマンツーマンかグループレッスンを選ぶことも可能なので、個々の目的に合わせた留学プランを立てることができます。滞在スタイルはシェアハウス、コンドミニアム、ホテルの三種類から選ぶことができます。どの滞在先も車で約3~5分以内の距離に位置し、無料送迎バスが出ています。

CPI(Cebu Pelis Institute)

CPIはスパルタ名門校であるPelis学校の新築キャンパスで、高級リゾートレベルの寮と質の高い授業を展開する学校です。この学校はスパルタ校のため、平日の外出は禁止されていますが、ジムやプールなどが整備されたリゾートホテルのような生活環境があるので、そこまで堅苦しさを感じることはありません。授業スタイルはセミスパルタを取り入れており、授業時間は一日7~8時間(セブ留学の平均学習時間)で、放課後にはフリートークやギターレッスンなど充実したアクティビティーを体験することもできます。

CIA

CIAはセミスパルタ式の学校で、毎朝単語テストがあり放課後の自習時間が確保されているなど管理された環境の中で英語を学べます。日本語対応ができるスタッフがいるため、初めて海外留学に挑戦する人でも安心して過ごせます。CIAはTOEICやIELTSといった試験対策からビジネス英語など幅広いプログラムを行っています。セブ島の語学学校の中でも長い歴史があるので安定した運営と優秀な講師陣がいることもポイントのひとつです。

 

生活や留学にかかる費用

費用を抑えて留学できることが魅力のセブ留学。では、実際の生活や語学学校の授業料などにかかる費用はどのぐらいなのでしょうか。
今回紹介するのはあくまで目安で、渡航する時期や期間によってかかる費用は変わります。

航空券:約60,000円

成田・関西・中部国際空港からセブまでの直行便は往復で約50,000~70,000円程度です。乗継便やLCC(格安航空会社)などを利用すればさらに費用を抑えることができます。

ビザ申請費など

セブがあるフィリンピンの場合、30日間まで事前の手続きがいらない観光ビザで滞在することができます。しかし、語学学校に通う場合はフィリピンで学習するための就学許可証SSP(Special Study Permit)の取得が必要です。学校の手続き代行手数料などを含めて約14,300円前後で取得することができます。

また、滞在期間が59日(2ケ月)を超える場合には、ACR I-Card(外国人登録証)の取得が必要となり、これも学校の手続き代行手数料を含めて約7,700円程度が必要です。

語学学校授業料+寮費:約150,000円前後(1ケ月の場合)

セブ留学の場合、語学学校の授業料に滞在先の寮やホテルなどの宿泊費も含まれて表記されていることが多いです。留学生それぞれの希望に合わせて宿泊スタイルを選択することができ、一人部屋から複数人部屋までさまざまなタイプがあります。一日三食の食事から掃除や洗濯といったサービスまで寮費に含まれているため、欧米の留学生活のスタイルとは違い、バカンス感を味わうことができます。

海外旅行保険:約15,000円~

留学中の事故や怪我、病気から持ち物の盗難など生活に起こりえるアクシデントに対応できるように海外旅行保険に加入することをおすすめします。セブ島の場合、日本との距離が近いことや生活圏が限られていることなどから、クレジットカードに付帯されている保険でも対応可能だといえるでしょう。そのため、比較的保険にかかる費用をおさえることも可能です。

 生活費:約20,000

食費や家賃といった生活にかかわる費用が抑えられるため、レジャーや外食などの生活費のみ必要になります。しかし、これも通う学校によっては平日の外出が禁止されていたり、活動に制限があったりする場合があり、特別な生活費はほとんど必要ないこともあります。

 

セブ留学まとめ

語学留学と聞くとイメージするのはアメリカやイギリス、オーストラリアといった王道の国という人も多いのではないでしょうか。セブ島はそういった欧米諸国が持っていないような魅力と強みがあるところで、本気で英語力を上げたいけど費用は抑えたいという人に最適です。

●ポイント

セブ留学の3つのメリット

  1. 欧米への留学と比較すると圧倒的に費用を抑えて留学できる
  2. フィリピンにある語学学校の半数以上がセブにあるので選択肢が豊富
  3. 格安でマンツーマンレッスンを受けられる

セブ留学の2つのデメリット

  1. ネイティブイングリッシュを学ぶことが難しい
  2. リゾート地の誘惑が多い

 

セブ(フィリピン)の語学学校の運営スタイル

・セミスパルタ
セミスパルタは、留学生それぞれの個性や特性を尊重し、本人の希望や目標に合わせて学習を進めていくことを大切にしています。

・スパルタ
スパルタはその名前の通り、校内のルールがきっちりと定められており、留学生はそれを守ることが義務付けられます。

留学生を半ば強制的に学習に向かわせるようなスタイルを取ります。

タイトルとURLをコピーしました