ロンドンへの語学留学は魅力的なメリット満載。留学に必要な準備や費用も公開

ロンドン留学 イギリス
ライター1【ライター名】J.T
【プロフィール】半年間イギリスのロンドンに留学。留学がきっかけで海外に住むようになりました。人生は一度きり。皆さんにもロンドンで素晴らしい体験をしてもらいたいです。趣味は映画鑑賞と旅行。

語学留学先をどこにしようかお悩みではないですか?英語が学べる語学留学先はたくさんあります。カナダ、アメリカ、フィリピンetc、たくさんあり過ぎてどこが良いのか困ってしまいますよね。

そこで今回は、これまでに世界20ヵ国以上を訪れたことのある私が語学留学先におススメする国をご紹介したいと思います。私がおススメしたいのはイギリスのロンドンへの語学留学です。

この記事ではロンドンへの語学留学の仕方、生活のこと、どんな魅力があるのか盛り沢山になっているので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ロンドンへ語学留学する際の事前準備

ロンドン1
ロンドンへ語学留学するにはどのような準備が必要か?
ここではパスポートの用意から海外保険に関することまで、ロンドン留学に必要な準備について説明します。

パスポートの準備

パスポートがない人はパスポートを取得しに行きましょう。パスポートを持っている方はパスポートの有効期間を確認します。

語学学校の手配

語学留学会社を通してでも個人でも申し込み可能です。ただし、個人で申し込む場合は、ビザに関わるようなレターのやり取りを英語で行わなければならないため、可能な限り会社に依頼しましょう。

滞在先の手配

語学学校がホームステイや学生寮を手配してくれるケースが多いです。居住エリア、食事プランなども決める必要があり、それによって金額が大きく変わってくるので、こちらも会社を通して手配する方がよいでしょう。

ビザ申請

6か月以内の滞在であれば、必要な書類を入国審査時に提出すればその場ビザが発行されます。7か月以上の滞在の場合、日本で事前にビザの申請が必要になります。Short Term Study Visaでは最大11か月までの滞在が可能。ビザでのトラブルはよくあるので、こちらも会社に依頼するようにしましょう。

海外旅行保険

病院での費用や盗難などに適応可能です。何が起こるかわからないので必ず加入しましょう。
7か月以上滞在する場合はNHS(現地医療制度)のサービスを受けることが可能ですが、日本の医療制度とは勝手が違うので保険に加入しておいた方が安心です。

英語の見直し

ロンドンの語学学校の授業内容は学校にもよるかもしれませんが、ディスカッションが多い印象です。また、授業は英語で行われているため、最低中学英語を見直して準備しておく方がよいでしょう。

英語で行われる授業だからといって不安になる必要はありません。全く英語が話せない留学生も多いため、1番下のクラスでは基礎から教えてくれます。頑張れば数ヶ月間で見違えるほど英語が上達します。

ロンドンの中心部と郊外の語学学校のそれぞれの魅力

ロンドン2
上記でも書きましたが、語学学校の手配は留学会社に任せた方が良いです。特に今回が海外への渡航や留学が始めてという人は会社に任せましょう。

ロンドンの中心部の語学学校の魅力

ロンドンの中心部にあ語学学校はお洒落なお店や色々な飲食店などに行きやすく、公共機関が充実しているためとても便利です。
授業終了後には友達と街に繰り出し、ロンドンのお洒落な街や最先端のファッションやアートなどを堪能することができます。

ロンドン郊外の語学学校の魅力

ロンドン郊外の語学学校では自然豊かな場所でゆっくりと過ごすことができます。中心部のように人が多くないので、自然を楽しみながらゆったりとした語学留学ライフを送れます。また、ホームステイする場合は中心部の語学学校よりもホームステイ先に近いため便利です。
ロンドンの中心部に行きたい場合は、公共機関を利用すれば簡単に行くことができます。

ロンドンへ語学留学する際の費用

ロンドンへの語学留学は利用する会社によって多少のばらつきがあります。気になる語学留学会社へ直接問い合わせて費用に関して聞いてみることをおススメします。

スポンサーリンク

費用に含まれるもの

  • ホームステイ代(3ヶ月間)
  • 語学学校の手配
  • ビザのサポート
  • 海外保険に関する相談
  • 語学留学中の現地での生活のサポート(携帯電話やSIMカード購入方法のサポートetc)
  • 各種の相談
  • 空港からの送迎の手配(必要な場合のみ)

etc…

以上が費用に含まれるものです。大体どこの会社も同じだと思いますが、会社によってはサポートをするのに別途金額がかかってしまう可能性もあります。

以下に書いてある費用を参考にして、各語学留学会社へ問い合わせてみて下さい。
あまりにも高過ぎる費用を提示してくる会社に注意するためにも、いくつかの会社を比べて見る方が安心安全です。

ロンドン語学留学の費用概算

  • 1ヶ月間:約40万~50万円
  • 3ヶ月間:約80万~110万円
  • 11ヶ月間:約180万~230万円?※ホームステイ3か月後の生活費は含まない

ロンドン語学留学の様子は?メリットとデメリット

ロンドン留学はどのような様子か気になりますよね。
土地柄やファッション、また料理や治安などメリット・デメリットに分けてご紹介します。

ロンドンの語学学校の様子

私の行った語学学校では、学校に入るときに事前テストを受け、その結果でクラスが割り振られます。上達していけば先生の判断でその都度クラスが上がっていきます。

授業内容は、授業の始めに少し文法をやり、授業の大半が2人1組やや3人1組でのグループディスカッションがメインです。ディスカッションした後に先生とディスカッションした内容や結果についてさらにディスカッションしていくといった感じです。

最初はついていくのが大変ですが、実践で使える英語を学ぶことができます。

数多くのメリット!カッコいい英語の習得からファッション、街並み人柄など

ロンドンへの語学留学は魅力がたくさん。
ロンドンという都市は、最先端のファッションやお店、雰囲気から古き良き時代の物や街並みまで全てが凝縮されている場所です。

London5

英語を英語で学ぶことができる

英語を英語で学ぶことができるため、「英語脳」を作ることができます。日本語で英語を学ぶとどうしても頭の中で一度日本語で考えてから英語にするという作業が起こり、会話するときに時間がかかってしまいます。

また日本語と英語ではニュアンスが変わってくる言葉もあるため、一概に全てを日本語に変換できるとは言えません。そのため、英語を英語で学び、英語脳を作った方が後の学習で楽になります。

カッコいいイギリス訛りの英語が習得できる

カッコいいイギリス訛りの英語を学び、取得することが可能です。イギリスは英語を母国語としており、語学学習だけでなく教育レベルの質の高さは随一で、世界的にも認められています。

最先端でお洒落なファッションやお店がたくさん

ロンドンにはお洒落なお店がたくさんあります。最先端のファッションやアートを楽しめます。またお洒落で可愛いカフェなどもあるので、街中を歩いているだけで、インスタ映えするスポットがたくさんあります。

郊外は自然豊かな落ち着いた雰囲気がある

ロンドン郊外は落ちついた雰囲気で自然が溢れています。ロンドンの中心部のようなお洒落な感じはありませんが、ヨーロッパの田舎町を堪能できます。

綺麗な空気や芝生の匂いなんかも感じることができ、心身ともにリラックスできます。最先端の中心部とのどかな自然溢れる場合の両方を一度に堪能できるのはロンドンならではの魅力です。

様々な国籍の人達との出会いで友達がたくさんできる

ロンドンには様々な国の人々が暮らしています。留学にも様々な人種の人々がきます。異文化交流が気軽にできます。この機会に世界中に友達を作ってみてはいかがでしょうか。

語学留学後にはその人脈が生きてくるかもしれません。それに何よりも世界中に友達がいるというのは自分自身の人生を豊かにし、色々な価値や価値観を提供してくれるので、人としても成長することが可能です。

観光スポットがたくさんあり楽しめる

ロンドンには観光スポットが沢山あります。有名な大観覧車を始め、様々な美術館や人気の観光地を見てまわることができます。

好きなときに気軽に行くことができ、これはロンドンに語学留学した人だけの特権と言えるのではないでしょうか。

他のヨーロッパの国々へ気軽に行けて様々な国を楽しめる

ロンドンは他の様々なヨーロッパの国々へ行くのに便利です。距離が近いのと公共機関が充実しているため気軽にヨーロッパ旅行を楽しめます。

現地でできた友達とプチヨーロッパ旅行に出かけてみるのも楽しいです。

就職に直接繋がるコミュニケーションスキルや語学スキルを身につけることができる

ロンドンへの語学留学では英語を母校とした高水準の教育を受けれるため、実践で使える英語を学べるのはもちろんのこと、ロンドンの語学留学後には実績としてしっかりと残ります。

ロンドンという多種多様な人種の中で培われるコミュニケーション能力というのはその後の就職にもきっと役立ちます。

留学費用や生活費は皆さんが思っている程高くない

皆さんはロンドンへの語学留学費用に関してどのように思っていますか?
各個人で感じることは様々だと思います。ちょっと高いと思う人もいれば、思ってたよりも安いと感じ人もいると思います。

もちろん、フィリピン などの東南アジアの語学留学と比べてしまうと高いと思うのは当然です。しかし、ロンドンへの語学留学は教育水準や現地で皆さんがこれから体験する経験などは、金額以上の価値があると思います。

公共機関が発達しており、移動はスムーズでとても便利

ロンドンはバスや地下鉄などの公共機関が充実しているため便利です。特に地下鉄は数分おきに運行しているため長時間待たされることがありません。色々な場所にスムーズに行くことができます。

また、バスもありますがバスは慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。どこに行きたいか目的地をしっかりと調べて、バスに慣れればかなり便利です。

夏は湿度は低くカラッとしていて気持ちがよく夜22時頃まで明るい

夏は30°まで気温が上がることがありますが、日本のようにジメジメした嫌な暑さではありません。カラッとした気持ちのよい天気です。日差しが強いのでサングラスなど日差し対策をしましょう。

夏場は特に気持ちよく過ごすことができます。
また日が沈むのが遅くなります、夜の22時頃まで明るいなんてこともありました。
日本ではなかなかできない体験なので、楽しいと思います。

【デメリット】天気や治安、イギリス料理など

tea
天気が変わりやすい

ロンドンは1日のうちに四季があると揶揄される程、1日の中でコロコロと天気が変わりやすいです。季節によっては突然の雨などが降ることがよくあります。

また、夏は気温が高くても湿度が低くカラッとしているため日陰などでは少し肌寒く感じこともあります。
一年を通して雨具やちょっとした上着を持ち歩いていた方がよいでしょう。
また夏は日差しが強いので、サングラスや日差し対策が必要です。

夜中に出歩くのはあまりおススメしない

ロンドンに限らず、日本人でもどの国でも危険はあります。夜中の遅い時間帯にあまり出歩くのはおススメしません。

特に1人や女性達だけで夜中に出かけるのはトラブルに巻き込まれる原因にもなります。必要なとき以外は夜中に出かけるのはなるべく控えた方がよいです。

場所によっては日本人が多い

ロンドンは語学留学だけでなく、アートやスポーツ留学または観光都市としても世界の中でも大人気の都市です。
そのため、場所によっては日本人が多くいる場所や日本人に頻繁に出くわしてしまう場合などもあります。
日本人のコミュニティに入っておけば何か困ったときに助けてくれたり、人脈も広がるので参加してもよいとは思います。

しかし、あまり日本人とばかりいると英語がなかなか上達しないので、必要なとき以外は語学学校の友達や外国人の友達と過ごすようにしましょう。

イギリスのローカル料理

イギリスのローカル料理はあまり日本人の口には合わないことで有名ですが、ロンドンの場合中華料理、ケバブ、イタリアンなど他の国の料理のクオリティーが良いです。

高く感じる生活費

フィリピンなどの東南アジアと比べてしまうと生活費は高いですが、その代わりに質の高い英語教育を受けることができます。

また、一時期よりもポンドの価値はだいぶ低くなっているので、豪遊しない限り皆さんが思っているほど生活費は高くならないと思います。

【まとめ】ロンドンへの語学留学で新しい世界を

London4短期や長期に関わらず知らない土地、ましてや日本から飛行機で十何時間も遠く離れた場所へ行くというのは、不安や心配などたくさんありますよね。

当時の私もロンドンへの語学留学が初海外だったので、ワクワクと同時に不安な気持ちでいっぱいだったことを今でも覚えています。

ロンドンでの生活、ビザのこと、食事のこと、友達はできるのか、安全なのか、ホームシックにならないかetc挙げればキリがないと思います。

しかし、誰でも最初は経験し慣れるまで不安や心配になるものです。勇気を出して一歩を踏み出してしまえば、ロンドンの生活に慣れるのに時間はかかりません。

むしろ、語学留学終了後に「もう終わっちゃったのか」「ロンドンにもっと居たかった」「またロンドンに来たい」と思うことでしょう。それくらいロンドンへの語学留学は魅力や楽しさに溢れています。

是非、ロンドンへの語学留学を検討してみて下さい。
そして、あなたにも私のような素晴らしい体験をロンドンでして欲しいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました