日本から最も近い英語留学ができる国フィリピン!特徴やメリットとデメリットを紹介

フィリピン フィリピン

日本から4時間ちょっとで行けるフィリピン。美しい海と熱帯の気候からリゾート地として高い人気を集めていますが、最近では日本から一番近くで英語留学ができる留学先としても注目されています。
セブ島留学に関して詳しくはこちら⇒ 費用を抑えるセブ留学!今話題のセブ島で英語を学ぼう

「アジア圏の留学で、ちゃんと英語は習得できるの?」「留学にかかる費用はどのぐらい?」など興味はあるけれど、疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなフィリピン留学の特徴やメリットとデメリットを紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンの特徴

セブ留学東南アジアの島国、フィリピンは大小約7,100の島々から成り立つ国で、島ごとにユニークな特徴を持っています。

一年を通して暖かく、美しい海に囲まれた島には高級リゾートから島の特色を活かしたローカルなトロピカルビーチまでたくさんのリゾート地があることで有名です。

日本に近いアジアの国でありながら、実は世界で第3位の英語使用国でもあります。

これは、かつてフィリピンがアメリカの占領下にあった歴史によるもので、アメリカ英語が公用語として使われています。公用語は英語ですが、フィリピンの人たちの母国語はタガログ語という現地の言葉です。

 

フィリピン留学のメリットとデメリット

日本人には馴染み深い国として人気のフィリピン。
その為、語学留学先として人気の高い国でもあります。
そんなフィリピン留学のメリットとデメリットを詳しくご紹介します。
3つのメリット

留学にかかる費用を抑えられる

フィリピンはそもそも物価が日本の約半分から3分の1といわれるほど安いです。フィリピン留学の場合は多くの学校でマンツーマンレッスンを取り入れています。

アメリカやカナダといった欧米の語学学校でマンツーマンレッスンを受ける場合、人件費が高いため通常のグループレッスンの倍以上の費用がかかります。

また、多くの語学学校が滞在先として寮やホテルを提供しており、食費や生活費など授業料以外にかかる費用を節約することができます。授業料と宿泊費が合計されたものが学費になっており、欧米の留学費用と比べても圧倒的に安くなっています。

授業スタイルを自由にカスタマイズできる

先ほども紹介しましたが、フィリピン留学はマンツーマンレッスンが主流です。

集団の中で発言するのが恥ずかしいという人や、先生に丁寧に指導してもらいたいという人におすすめの授業スタイルです。

もちろん、グループレッスンを希望する人に向けた授業スタイルもあります。それぞれの個性や向き不向きに合わせた勉強スタイルを自由に選べるのがフィリピン留学のメリットです。

また、学校を選ぶ際にチェックするポイントが、フィリピンの語学学校には欧米諸国の留学先と異なる学校の運営方針があるということです。

スパルタ校

「スパルタ」という名前からなんとなく「厳しさ」を察した人も多いのではないでしょうか。

スパルタ校の場合、厳しいルールが生活に課されており、英語学習に生徒が集中できるように半強制的に促すスタイルを取ります。一般的なスパルタ校の場合、平日の外出禁止や週末は外出が許可されていても門限が8時や9時までと決められているところが多いです。

まさに朝から晩まで英語漬けの日々で、課題も多く「自習」と表現していますが、授業以外の時間の勉強も義務付けられています。集中してしっかり英語を学びたいと考えている人、規則に縛られることに抵抗がない人に適しています。

ノンスパルタ校

ノンスパルタ校は、簡単に言えばスパルタ校の正反対のスタイルです。外出制限や門限もなく、校内で母国語を使っても問題ありません。

授業の合間にフリータイムが設けられていたり、夕食後は外出が許可されていたりとかなり自由に過ごすことができます。究極をいうと、授業に出なかったとしてもペナルティを受けることはなく、成績が管理されることもありません。学生の自主性を重んじているので、自分のペースでのんびり英語を学びたいという人に向いているといえます。

ただし、このスタイルの場合、自己管理ができないとただフィリンピンに観光に来たのも同然になりかねません。

セミスパルタ校

セミスパルタ校は、まさに厳しすぎず緩すぎないカリキュラムで、日本人に人気のスタイルです。スパルタ校が平日外出禁止であるのに対し、セミスパルタ校は条件付きで平日も外出が認められていたり、門限もスパルタ校ほど早すぎなかったりとある程度規則に自由があります。「スパルタ校はちょっと厳しすぎるけれど、ノンスパルタは緩すぎる」と感じる人にまさにぴったりの校風です。勉強と観光を両立できるので、フィリピンの美しいリゾート地もしっかり満喫できるでしょう。

セミスパルタ校は学校によって規則や雰囲気が異なるため、自分に合った学校を見つけやすいと言えます。

2か国留学やプレ留学に最適

フィリピン留学でひたすら英語をインプットし、文法や単語力といった基礎を固めてから欧米の英語圏で本格的な留学に行くという2か国留学やプレ留学にフィリピンは最適です。

フィリピン留学の強みはマンツーマンで朝から晩までひたすら英語の基礎を身に付けられることです。そういったインプットスタイルの授業や試験対策講座などを通して、欧米の大学やカレッジの入学条件に必要になるスコアをゲットするというやり方もあります。また、欧米にワーキングホリデーに行くための準備としてフィリピン留学を利用することもできます。

ワーキングホリデーに行ってから英語を勉強して…というやり方も可能ですが、それだとどうしても制限である一年間をフルに活用することができにくくなります。なので、あらかじめワーキングホリデー準備コースなどに通うことで、ワーキングホリデーの期間をフルに活用することができます。

2つのデメリット

長期留学の場合コスパが悪い

フィリピンは2ケ月未満の短期留学であれば、物価の安さやお得なプランなどの影響で留学費用を抑えることができます。

しかし、一年間といった長期留学の場合は、ビザの申請が必要になったり、ホテルやコンドといった宿泊施設の学費もかさんだりするためコスパが悪いです。

一年間フィリピンに留学する費用は、カナダやオーストラリアといった欧米圏の留学費用とほとんど変わりないとも言われています。

しかも、長期留学の場合どうしても中だるみやモチベーションが下がる時があります。そういった時に、刺激を受けられる機会がフィリピンの場合はあまりありません。ネイティブスピーカーがおらず、交流の機会も限られているため、フィリピンは長期留学には不向きな環境であるといえます。

ネイティブイングリッシュは学べない

フィリピンの母国語は現地の人たちが話すタガログ語です。いくら公用語が英語でも、その英語はどうしてもフィリピン訛りになります。

語学学校の講師の中にもフィリピン訛りで話す人がいることもあり、ネイティブイングリッシュを学ぶのには不向きです。

街中でもネイティブの言い回しやスラングといった日常会話を耳にすることができないので、物足りなさを感じる人もいるでしょう。イギリスやアメリカ英語にすでに耳が慣れている人は違和感を持つこともあります。

フィリピンのおすすめの語学学校

フィリピンには様々な語学学校がありますが、特に日本人におすすめの学校をご紹介します。

PINES International Academy(スパルタ校)

PINES International Academy(パインスインターナショナルアカデミー)は、バギオ市内に2つのキャンパスを構えており、申し込み時のレベル分けテストの結果に応じてどちらのキャンパスになるかが決まります。メインキャンパスが初級から中級レベル。チャピスキャンパスが上級となっています。

この学校はスパルタ校のため平日の外出は禁止で、毎日8時間のマンツーマンレッスンを受けられるという、まさに英語を集中して勉強したい人にとっては最適の環境です。

マンツーマンレッスンに力を入れているため、採用している講師の質はとても高いです。他の語学学校以上に厳しい基準を設定し、優秀な講師のみが採用されるようになっています。

3D Universal Academy(ノンスパルタ校)

3D Universal Academy(スリーデイ アカデミー)はフィリピンのセブ島にあり、人気の高いノンスパルタ語学学校です。参考記事:費用を抑えるセブ留学!今話題のセブ島で英語を学ぼう

この学校は「未来へつながる留学」をテーマにしています。マンツーマンレッスンはもちろん、ネイティブ講師が3名在籍しており、2か国留学やワーキングホリデーを目指す人におすすめの学校です。

最近では英語学習のニーズの高まりに応えられるようにと、セミスパルタコースが開設されました。このセミスパルタコースでは、毎日単語テストを実施し、平日は夜9時を門限とし、その後は11時まで義務自習時間というかなりみっちり英語学習できるカリキュラムになっています。

C2 English Academy(セミスパルタ校)

C2 English Academy(C2 イングリッシュアカデミー)はセブ島の高級住宅街のタランバンというエリアにキャンパスと寮を構える、キャンパスと寮が一体型のセミスパルタ校です。日系資本の語学学校のため、日本人アドバイザーも常駐している日本人にとって過ごしやすい学校です。参考記事:費用を抑えるセブ留学!今話題のセブ島で英語を学ぼう

ただし、学習に関してはセミスパルタ校の中でも厳しめの設定です。毎晩単語テストが行われ、基準点に満たない場合は外出が制限されることもあります。

一人一人の生徒に担当講師が付くバディーティーチャー制をとっており、授業の質問や困ったことなどを聞きやすいように配慮されています。

今話題のフィリピン大学留学の特徴

フィリピン留学を考える時に「フィリピンへの大学留学」も候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

実は近年、フィリピンの大学への留学が注目されています。アメリカやイギリスには言わずと知れた名門大学があり憧れる人も多いですが、最近ではフィリピン大学留学も注目され始めています。

圧倒的な授業料の安さ

フィリピン大学留学が注目されている理由のひとつに、格安で学位が取得できるということが挙げられます。

そもそも、フィリピンの大学の年間の授業料は年間25万円と破格の安さです。日本の一般的な私立大学の年間授業料が約100万円前後であることから、日本の大学の1年分の授業料でフィリピンの大学に4年間通えることになります。

高い英語力と専門知識を身に付けられる

魅力は費用だけではありません。フィリピンの大学の授業は全て英語で行われ、学べる専攻は経営学、観光・ホスピタリティー、ITなど幅広いジャンルがあります。

こういった環境で学ぶことで、世界に通用する英語力と就職に役立つ知識をいっぺんに手に入れることができるというメリットがあります。

しかも一緒に学ぶ仲間は現地のフィリピン人だけではなく、世界各国から集まる留学生もいるので、国際交流もでき、さまざまな価値観や文化に触れられるという魅力も持ち合わせています。

生活や留学にかかる費用

「フィリピン留学ってどれくらいの費用がかかるの?」と気になりますよね。航空券から学費や食費、娯楽費など詳しいお金に関する情報を解説します。

航空券:約50,000~80,000円

航空券は渡航する時期や直行便を利用するかどうかによって価格が変わります。費用を抑えたい場合は、LCCを利用したり渡航時期をずらしたりすることをおすすめします。

ビザ申請費など

フィリンピンの場合、30日間であれば事前の手続きがいらない観光ビザで滞在することができます。

ただし、語学学校に通うためにはフィリピンで学習するための就学許可証SSP(Special Study Permit)を取得する必要があります。学校に手続きを代行してもらえば約14,300円前後で取得することができます。

また、滞在期間が59日(2ケ月)を超える場合には、ACR I-Card(外国人登録証)の取得が必要で、学校の手続き代行手数料を含めて約7,700円かかります。

滞在費:0円

フィリピン留学の場合、基本的に語学学校に併設されている寮やホテルといった宿泊施設に滞在します。その滞在費はあらかじめ学費に含まれています。

滞在先のタイプは寮やコンド、ホテルといったタイプから自分で選ぶことが可能で、相部屋を選択すればその分費用は安くなります。

食費:0円

食事は寮にある食堂で一日三食食べられるスタイルが基本です。食費も学費に含まれているので費用を抑えることができますし、何より自炊をしなくていいのは嬉しいですよね。

学費:約15~18万円前後(1ケ月)

学費は授業料と食費や滞在費といった生活費も全て含まれた値段です。学校によっては掃除や洗濯といったサービスもこの学費に含まれている場合もあります。

授業スタイルがマンツーマンレッスンでしっかりと指導をしてくれて1ケ月この価格設定はカナダやアメリカでの語学留学ではありえない破格の安さです。欧米で1ケ月語学留学をしようとすると、生活費や諸々含めると合計で約20~40万円かかることを考えるといかにフィリピン留学が安いか分かります。

海外旅行保険:約15,000円~

フィリピン留学の場合、1週間から2ケ月といった短期留学が主流なので、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険でもリスクを補うことはできるでしょう。

ただ、いくら日本から近い国とはいっても海外であることに変わりはなく、事故や病気など予測できないリスクもあります。万が一を考えて海外旅行保険に加入するのもひとつの方法です。

娯楽費:約50,000円前後

マリンアクティビティやショッピングを楽しんだり、リゾート地に出掛けたりとせっかくのフィリピン生活を満喫するためにお金を使うのも大切ですよね。

フィリピンは物価が安いので娯楽費でかかる費用も抑えることができますし、学校によってはそこまで頻繁に外出ができない場合もあるので、娯楽費を抑えることができます。

フィリピン留学まとめ

フィリピン留学は真面目に英語を理解した人に合った留学先です。費用を抑えて真剣に英語力をあげたいと考えている人にフィリピン留学は最適です。

そして、フィリピン留学を足掛かりにまた新しい世界にチャレンジできるのも魅力のひとつです。英語をしっかり学んだ後に次は英語で学ぶ何かを見つけてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました